youtube集客方法のコツはキーワード選定と自社サイトへの誘導

youtube集客方法のコツはキーワード選定と自社サイトへの誘導

キーワード選定に注意する

youtube動画をより多くのユーザーに見てもらうためには、良質で興味深い動画を発信するのは当たり前の話です。ですが、動画自体よくすればよいというわけでもないのです。

 

youtubeの再生回数を上げるために必要な要素として、キーワードの選定というのも重要な要素となり、これがyoutube集客方法のコツです。youtubeは、動画を作成する際に、タイトル、説明、タグを設定します。この欄には、動画に関連するキーワードを入れるわけですが、ここでひとつポイントです。

 

皆さん、動画を探すときには検索窓にキーワードを入れて動画を探すことかと思います。そこで皆がよく検索するであろうキーワードを入れると効果的です。

 

実際にyoutubeサイト内の検索窓にキーワードを入れるとヒット件数なども表示されます。また、多くの人はメインキーワード+もうひとつキーワードを入力することが多いです。このキーワードも検索されやすいキーワードを持ってこれば、かなり幅広いユーザーにヒットされることでしょう。

 

また、もう少しユーザーを絞り込みたい場合は、プラスαのキーワードに、コアなキーワードを持って来てもよいでしょう。タイトルはこのような感じです。

 

それにプラス、説明文とタグも活用します。説明文は、動画の説明を分かりやすく、タグはタイトルに込めることが出来なかったキーワードを入れるとよいでしょう。キーワードを少しの工夫をすることで、格段に検索されやすくなります。どのような動画がどのようにして検索されているかというもの、リサーチしてみるとよいかもしれませんね。

 

動画ではセールスをしないで自社サイト等に誘導する

youtubeの動画のコツとして、動画ではあまりセールスをしないで、そこからワードプレスで作成した自社サイトに誘導するような工夫をした動画を作るとよいでしょう。youtubeを利用するユーザーは、広告を見るためにyoutubeを見ているわけではありません。

 

動画をみて楽しんだり、有益な情報を得ることを目的に動画を見ています。ですので、あまりあからさまな広告の動画は好まれないでしょう。ですので、youtubeを窓口として、興味関心を引くきっかけ作りをし、そこから実際に自社サイトに誘導したり、具体的な消費行動に結びつけるようにするとスマートでしょう。

 

それでは、きっかけ作りの動画とは、どのようなものを投稿すればよいのでしょうか?例えば、腹筋マシーンの販促に繋がる動画を作るとします。目的は『腹筋マシーンを売ること』ですが、動画でははじめから腹筋マシーンの使い方などは投稿しません。まずは、ユーザーの興味喚起からです。

 

例えば、腹筋マシーンを販売する自社サイトを運営しているとします。腹筋マシーンを購入してくれそうなユーザーとは一体どのような顧客であろうかということを思い浮かべてみましょう。例えばビール腹の人がその中の一人であることが予想されます。

 

そうして、『ビール腹ではモテない』という認識をさせ、『痩せなくては!』という気持ちをかき立てます。そうすれば、自然とユーザーは腹筋マシーンに興味関心が向くでしょう。そして、動画の説明の部分には、腹筋マシーンを販売する自社サイトへのリンクを貼っておくことを忘れないようにしましょう。このように、動画を投稿するのにもひとひねり入れることが重要です。youtubeをうまく活用して、集客を成功させたいですね。

スポンサード リンク