youtubeのデメリットは規約違反で動画削除のリスクがある事

youtubeのデメリットは規約違反で動画削除のリスクがある事

動画で自社商品サービスをアピールするということは、顧客にとっては非常にわかりやすい方法です。ですので、簡単に動画を見たり投稿したりすることのできる、youtubeはとても便利なツールですね。ところが、youtubeにも唯一デメリットというか、注意しておきたいポイントがあります。それは、動画が削除されてしまう、といった点です。

 

何でもかんでも、動画に載せてよいかといったらそうではなく、youtubeに投稿できる動画の規約があります。それを破るような動画にはペナルティとして強制的に削除されてしまうことがあり、これがyoutubeのデメリットといえます。それはどのような動画かと言うと、簡単に言えば法律に触れるような動画です。

 

例えば、著作権を侵害するようなものだったり、プライバシーを侵害するような動画だったりする場合は、削除対象になります。また、質が低い動画も削除かペナルティが科せられることもあるようです。youtube動画を強制的に削除されないようにするためには、やはりyoutubeの規約をしっかりと守る、といった当たり前のことに限るでしょう。

 

そして、誰が見ても不快を与えることのないような、質の高い動画を制作するようにしましょう。とはいえ、動画回数が爆発的に伸びるものは、ゴシップネタだったりするものです。そういった情報はみんな大好きで、どうしても見たくなるような動画ですが、再生回数は伸びても削除対象になる危険性は十分にありますので気を付けるべきです。

スポンサード リンク