ワードプレスのデメリットは初期設定が困難でかつ費用がかかる

ワードプレスのデメリットは初期設定が困難でかつ費用がかかる

費用がかかる

ワードプレスブログは集客方法のツールとして人気のブログになっていますが、無料ブログとの違いは最初から一定のSEO対策がされている状態から記事の入稿をすることができるようになっていることです。ワードプレスブログは独自ドメインを取得した後に記事を更新するという形になります。

 

また、ドメインは年間の維持費用がかかってくることに加えてサーバーも別途で借りる必要があるのでワードプレスのデメリットと言えます。ただ、レンタルサーバーは安い業者であれば月に数百円程度、ドメインは年間で数百円程度ですので、他の店舗ビジネス等に比べれは圧倒的に安いといえます。

 

記事を定期的に更新してないとアクセスは集まらず集客効果も望めないので集客方法としてブログを書き始める前は書く内容についてもきちんと確認しておく必要があります。ホームページを持っていて独自ドメインやサーバーを取得している場合はそれをワードプレスブログに使用することができるので別途の維持管理費用はかなり安くなります。

 

初期設定が困難

インターネットは集客方法の一つでより効果を得るための方法としてワードプレスブログを開設して記事を定期更新するという方法がありますが、ワードプレスブログだと高いデザイン性のテンプレートを使用してなおかつSEO効果も初期の段階でかなり高いので検索した時に上位ヒットする確率が高くなります。

 

一度でも開設してしまえば後は簡単に記事の更新をしてコンテンツを増やして集客効果を図ることができるようになりますが、集客方法のワードプレスブログは開設してからよりも開設するまでの方が大変だと言われています。

 

初期設定が困難というのがワードプレスブログの最大のデメリットと言われていますが、これまでに自分でホームページなどを触ったことがある人であればそこまで難しいことはないものの、全くホームページなどの知識がない場合だと時間がかかる可能性もあります。

 

初期設定をする前にドメインの取得とサーバーの利用契約を済ませておく必要がありますが、ワードプレスブログは動的な方法を用いて記事を更新することになるのでサーバーが必要になります。これらの手順が無事に済んだ後はワードプレスブログのインストールという手順に移りますが、インストールの方法については動画サイトなどにも詳細な動画がアップロードされているので実際に見ながら進めた方が分かりやすいかもしれません。

 

ただ、最近はワードプレスの自動インストール機能が搭載されたレンタルサーバーがあります。通常ワードプレスをインストールするだけで1時間程度かかるところ、この自動インストール機能を使うと10分程度でインストールが完了してしまいますのでこれを使わない手はありません。