社内のコミュニケーションツールとしてtwitter活用する方法

社内のコミュニケーションツールとしてtwitter活用する方法

twitterをマーケティングで利用している人にとっては、顧客とのコミュニケーションツールという見方をしてしまいがちですが、twitterの活用方法はこれだけにはとどまりません。自社の従業員のメンバーとのコミュニケーションツールとしても大きく貢献してくれます。

 

近年はインターネットが普及したため、ネット環境さえあれば、わざわざ職場に出向かずに仕事ができる世の中になりました。職場まで出向く時間、労力、交通費を削減するおおきなきっかけとなったとも言えます。

 

実際に、オンライン上のやり取りだけで仕事を完結させている企業も存在します。たしかにお互い顔を合わせたこともない人たちと一緒にオンライン上だけで仕事をするというのもなんだか抵抗があるかもしれません。

 

しかしその抵抗を一気に取り除いてくれるのがtwitterです。一緒に仕事をするメンバー同士twitterで繋がり、活動報告をしてコミュニケーションをとることが可能なのです。

 

これで仕事のチームメンバーの動きを把握することができますし、彼らもあなたの動きを把握することができ、お互いの距離感を短縮させることができます。仕事のメンバーは、もちろんビジネスで成功したいという願望はありますが、人生で大切なのがビジネスだけではないはずです。

 

ちょっとした気晴らし、雑談で息抜きをするというのも必要です。twitterのつぶやきによてこれが簡単に実行することができるようになりました。メンバーの連帯感を構築することが可能になったのです。

 

このようなtwitterの活用をするには、メンバー限定のtwitterアカウントを作成するという方法がベストです。つまり普段プライベートで利用しているアカウントとは別に、メンバー専用のアカウントを作成するという事です。

 

ビジネスにおいては機密情報があるので、プライベートのアカウントを利用していてうっかり機密情報を漏えいしてしまうことを防止するためにも非常に有効な利用方法です。

スポンサード リンク