顧客との信頼関係を構築する為の3つのツイッター活用方法

顧客との信頼関係を構築する為の3つのツイッター活用方法

フォロワーというのは、ビジネスをする上で、最大の顧客です。一度ファンになってくれた場合、新規商品をリリースすると即購入してくれる確率は高いですし、今どんな商品企画をしているかを楽しみにしてくれている人達なのです。ここで、いかにして顧客と繋がり、ビジネスを展開するかにつて解説します。

 

商品サービスのフィードバックを獲得する

これから新商品をリリースするという場合、事前にフォロワー限定で、彼らから意見を聞くということに役立てる事が可能です。例えば、市場で販売する前段階で、フォロワーに対してその商品を試しに使ってもらって、利点、改善点などを聞き出すことによって、品質を向上させる事ができます。

 

また試用品を使った感想について、推薦文として商品に掲載して信頼性を確保することも可能です。さらに、販売前段階で、多くの人々の関心を抱かせ、販売当日には大きな需要を期待することさえできます。ちなみにアンケートを取ってフィードバックを得るという方法もマーケティング手法として効果的です。

 

自社商品のファンを見つける

フォーローワーの中に、自社が狙っている市場で大きな影響力を握っているユーザーがいた場合、このユーザーこそが自社商品のファンになってくれる可能性が大いにあります。

 

そしてそのユーザーの友人達い、どんどん自社商品を紹介して口コミを起こしてくれる起爆剤になることさえあります。特に自社商品に対してつぶやいているユーザーを探すと非常に効果的です。

 

twitterの検索窓に自社商品名を入れて検索いてみると一覧でつぶやきが表示されますので、ここからファンのユーザーを探してみましょう。またモニッターというサービスを使うというのも有効です。

 

これは、指定したキーワードに関するメッセージをリアルタイムで確認できるサービスで、自社商品をキーワードに指定すれば、自社商品に関するメッセージがリアルタイムで確認できるようになります。こうして自社商品に興味を持ってくれているユーザーを見つけたら、きちんとフォーローをしてあげればユーザーと良好な関係を構築することが可能になります。

 

こうしておけば新商品をリリースする場合、彼らに意見を聞くこともできますし、販売を開始すればどんどん口コミで広めてくれるのは間違いありません。

 

カスタマーサービス役をする

自社商品に対して良い意見を言ってくれるユーザーもいれば、避難中傷をするユーザーもいるのも事実です。ここで避難中傷があった場合、決して放置しないようにしなければなりません。なぜならサービス向上に貢献することができるからです。

 

このような場合はきちんとそのユーザーに対して、何が問題であるのかを尋ねるようにすることが鉄則で、あなたがユーザーと共に問題解決に取り組んでいるという意思を表明することが、逆にプラスに働くこともあります。

 

もしかするとファンになってくれるかもしれませんし、悪評が拡散するのを回避することもできるかもしれません。またユーザーが疑問点を抱いていたら、丁寧に回答をするようい心がけましょう。このようにユーザーとこまめにコミュニケーションを積み上げていくことが信頼性の構築につながります。