ブランディング構築のためにtwitterを活用する4つのメリット

ブランディング構築のためにtwitterを活用する4つのメリット

ビジネスをする上で、顧客にあなたがどんな人物であるかを知ってもらい、会社名を覚えてもらうには、彼らと常に接触を保ち、コミュニケーションをし続ける必要があります。そのために必要なのがブランドの構築である。

 

実際にtwitterはブランド構築ツールとして有効であるだけでなく多くの大企業が駆使していることは事実です。まずは、会社名や商品サービス名を多くの人達の目に触れるような場所に掲げるということからスタートしていく必要があります。これが次第に人々にとってなじみ深いものとなり、自社商品に気付いてもらいやすくなっていくのです。

 

何といってもブランド構築に欠かすことができないのは、信頼感と愛着感である。これを獲得するためにアカウント作成をする上で必須の事項について説明します。

 

物語の作成

自社ブランドに直結するような物語を作り、ブランドに何を語らせたいのかというところから決定する必要があります。物語には様々なものがあり、壮絶なストーリー系にしたいのか、クールなものにしたいのか、ゴージャス系にしたいのかなど、ライバルはどのような戦略をとっているのかをリサーチした上で、自社の市場でのポジションを決定するということが重要です。市場の中で、自社の特徴を打ち出すのに適切な物語さえ構築できれば、ライバルと差別化をして顧客にアピールをすることができるようになります。

 

デザインに凝る

文字を通じてのアピールも重要ですが、画像や色を使ったアピールというのは、文字だけでは伝えきれなかったものを伝える効果があります。アカウントの背景を画像にするというのも、自己紹介に掲載しきれなかった想いを伝えることも可能で、ブランドを印象に残りやすくするようなデザインであったり、人物、商品サービスを表すように工夫をすることが大切です。

 

なおシンプルさでアピールして成功した事例もあります。例えば、情熱を示す赤、愛情を示す緑、爽快感を表すブルーなど単一のシンプルな背景が、逆に目立つというケースもあります。

 

親しみの沸くつぶやき

つぶやきにも、様々な内容がありますが、顧客が親しみやすいつぶやきをするという部分に注意が必要です。例えば、会社の重役同士の堅苦しい発言ばかりつぶやいていたら、顧客は一体どんな気分になるでしょうか?

 

おそらくそのつぶやきを見ていてもちっとも楽しくならないのです。むしろ、人間らしさを出した、友好的で気軽なしゃべりの内容をつぶやいたほうが顧客にとっては、支持されやすいのです。

 

ビジネスを仕掛ける側にとっては、当然商品サービス最終的には販売したいという願望はあるので、企業からのお知らせとして新着情報を流したり、カスタマーサポート情報をシェアしたり、顧客からのフィードバックをしたり、割引セールなどの情報を発信することも必要です。

 

あまりセールスばかりすると顧客は商品を売り込まれている感じがしてウンザリしてしまうですし、企業情報ばかり流しても退屈させてしまうので、バランスよく、いずれも顧客から親しんでもらえるようなつぶやきをこころがけるようにしましょう。

 

ちなみに意外と反応がよいのが、ふと思った事をつぶやいてみるという事です。例えば、会社の役員が「牛丼を食べようと思ったけど、価格が10円値上がりしていて焦った」などのつぶやきはどうでしょうか?

 

役員という重役に就いている人は、さぞかし堅苦しい仕事の話で頭をなやませているのだろうと世間一般は思い描いているところ、意表を突いたネタで顧客からちょっとした笑いを取ることができるということで、かなり愛着をもってつぶやきを読んでくれるはずです。結局のところ、いかにして人間味のあるつぶやきができるかというところが、肝になってくるということは事実です。

 

つぶやきを継続する

コミュニケーションというのは長期的に実施することによって意味のあるものとなります。セールスの直前だけセールスのつぶやきのオンパレードでは、顧客離れが目に見えています。

 

ビジネスで長期的に顧客と信頼関係をとるためには、長期的につぶやき続けるという凡事徹底をすることが重要です。もし連日のようにつぶやくのが時間的に厳しいというのであれば、複数の人間で手分けをしてつぶやくというのも有効です。従業員がたくさんいるのであれば、曜日毎につぶやく従業員を割り当てておいて、つぶやきが停滞しないような工夫をするというのが大切です。

 

たしかに毎日つぶやいて、他人をフォローしてという作業を繰り返していれば、どんどんファンは増えるというのは予想できます。しかし長期間継続するとなると相当な時間と労力を要するので、モチベーションが持たないで挫折してしまう方も多いかと思います。

 

しかし、これらの作業を自動化できるとしたらどうでしょうかそんなことは本当にありえるのか?と疑念を抱くのも無理はありません。しかしある優秀なプログラマがこれを本当に実現させました。まずはこちらをご覧ください。

 


⇒つぶやきクエストの詳細はこちら

スポンサード リンク