フォロワーを増やす方法として6つの具体的事例を紹介します。

フォロワーを増やす方法として6つの具体的事例を紹介します。

フォロワーを集める作業にはとても時間がかかりますが、比較的短時間でフォロワーを集めることができる工夫について解説します。

 

サイトと連携する

twitter上で存在感を高めるという本当の目的は、自分のサイトにアクセスしてもらうという事なのです。自分のサイトには販売したい商品が掲載されているので、twitterからアクセスを流せば、購入してもらえる可能性が大いに期待できるのです。

 

ただtwitter内部からだけに頼っているとどうしてもアクセス数に限界が来てしまいます。そこでサイトとtwitterを連携させればよいのです。

 

最近は、自分のtwitterのつぶやきや、投稿されたメッセージをサイトに転載できる機能が誕生しましたので、これを利用しない手はありません。この機能を活用するには、まずtwitter.com/badgesにアクセスして、どんなサイトに転載したいのかを選定します。

 

その後は、カスタマイズをしてソースコードをサイトに貼り付ければ完了です。サイト内部で優良な情報を発信していれば、twitterからアクセスしてきたユーザーはさらにファンになってくれるはずです。

 

無料プレゼントをする

無料で何らかの景品をプレゼントするというのはマーケティングの基本的な作戦の一つです。潜在的な顧客に好感を抱いてもらい、未来の顧客になってもらうという方法です。プレゼントをもらったユーザーは、とても大きな価値を感じてくれるため、フォーローワーになってくれる確率は非常に高いです。

 

専門知識を提供してあげる

twitterというのはビジネスの場としても活用できますが、もともとはコミュニケーションをとるための場であったという基本に立ち返って欲しいのです。

 

他人の会話の中で、誰かが質問をしているのを見かけたら、積極的に回答してあげるという姿勢が大切です。とくに専門的な知識を生かした回答をすると、一気に先生扱いされ、ファンが急増します。ちなみに質問者が有名であればあるほど、質問に回答する価値というのは増大します。

 

SNSと連携する

twitterはとても強力なツールですが、他のSNSと連携すると、さらに強力な情報発信手段になります。例えば、facebookであれば、twitterに無い機能が搭載されています。実名登録ですし、ターゲティング広告が出向できたり、イベント招待機能があったりと、有益な機能が搭載されています。

 

twitterのつぶやきをfcebookに転載することで、すでにfacebookで友達になっている人にtwitterのつぶやきを読んでもらうことも可能です。特に、多数の友達がいるfacebookユーザーで、なおかつtwitterのアカウントを保有しているユーザーを見つけたら、メッセージをしたりコメントを記入すると、大きな情報拡散力が期待できます。

 

メールの署名にtwitterアカウントを挿入する

メールの署名にサイトのURLを挿入すると、アクセス数が期待できるのと同様、twitterのアカウントを挿入しておくと、ここからもアクセス数が期待できます。とてもシンプルな方法ですが、あなたのサイトしか見たことのないユーザーがtwitterのつぶやきを見てファンになってくれるということも十分期待できます。

 

twitter上でクイズを実施する

twitterはライブをするのに非常に適した場ですので、ユーザー達にクイズを実施し、例えば10分間で回答してもらうという形式にするのです。

 

するとユーザー達は面白がって参加してくれ、回答者の中から抽選でお店の割引券やギフト券をプレゼントするという具合にクイズをしてみるのも効果的です。これを定期的に実施すると、ユーザー達が決まった時間に集まってきてくれて、一種のクイズコミュニティが結成されます。