サイト作成の際の内部要因、外部要因の注意事項を解説します。

サイト作成の際の内部要因、外部要因の注意事項を解説します。

検索エンジンで何らかのキーワード検索をした人というのは、そのキーワードに関して情報を欲している証拠であることは事実です。googleやyahooなどの検索エンジンというのは、検索者が欲する情報を発信しているサイトを上位表示させるような仕組みを構築しているのです。

 

検索者が欲する情報を発信しているサイトというのはサイトの情報の量と品質すなわちサイト内部要因と、第三者から信頼度すなわちサイト外部要因を総合的に見てもっとも優れているサイトを優先的に上位に表示させる仕組みとなっています。

 

それではサイト作成をするにあたり、内部要因及び外部要因について注意すべき点について解説します。

内部要因

専門性

ゼネラリストとスペシャリストという言葉があります。ゼネラリストとは一般的に広く浅く情報を知っている人のことを指し、スペシャリストとは特定分野の専門性のある人を指します。サイトについても同様のことが当てはます。

 

これからあなたが焼肉店を探そうとしたとします。「焼肉、ラーメン、カレー、オムライスの総合レストラン」と「大正時代創業焼肉専門店」の2種類のお店が見つかった場合、どちらのお店に行きたいかという観点で考えて見て下さい。

 

前者は焼肉のメニューもあるけど専門店ではなさそう・・・味は普通かもしれない。一方後者は大正時代から顧客に愛され続けている老舗なので、きっと味は絶品なのだろう・・・と考えると思います。と考えると、ほとんどの人が後者の専門店を選ぶはずです。

 

検索エンジンの世界では、ゼネラリストよりスペシャリストが優位に立つ世界です。あなたがこれからサイト運営者になるというのであれば、必ず特定のジャンルの専門情報に特化したサイトを作成しなければならないということを肝に銘じておいてください。

 

情報の品質

サイトというのは情報の発信源です。どれだけ顧客に有益な情報を発信しているかというところが評価の対象になります。従来のSEO対策では、1ページ500文字以上の記事を書くのが望ましいなどという文字数での評価というのが注目されていましたが、情報の品質というのは文字数だけで測定するのは不十分です。

 

なぜなら例え500文字記載されていたページがあったとしても文字数だけ稼いだような役に立たないような情報ばかりを発信しているようでは価値が無いからです。結局のところ、他人に価値を与えるかどうかという情報の質によって評価が決定されるのです。

 

情報の明瞭性

サイトというのは第三者にとって完結でわかりやすく、整理整頓されたサイトが高く評価されます。いくら専門性に優れた情報を発信していたとしても顧客が探したい情報を瞬時に探すことができないのであればその情報はこの世に存在しないに等しいのです。きちんと目次を作成し、段落分けやジャンル分けをして、読者に情報を的確に伝えることができるサイトを構築する必要があります。

 

入り口と出口を作る

サイトを見ていて、たまに訪れたページから出口が見当たらなかったり、商品購入はこちらという見出しがあるにも関わらず、購入ページにジャンプできなかったりするサイトを見かけることがあります。

 

これではユーザーは、この先どこに移動すればよいか戸惑ってしまい、非常に迷惑です。サイトを作成したら、いちど作成したサイトをチェックしてみて、本当に使いやすいサイトであるかどうかを吟味してみましょう。

外部要因

信用力

信用力というのは、そのサイトは本当に他人から信用されているサイトなのかという事をしめしています。例えば風邪薬を買うという場合、「専門医が薦める風邪薬」と「単なる風邪薬」のどちらを購入したいと思うかを考えて見て欲しいのですが、おそらく前者であると思います。

 

それは専門医という権威のある人が紹介しているからきっとその風邪薬を飲んでも大丈夫だろうと、その情報を信頼するからです。サイトもこれと同じようなことが当てはまります。自社サイトが、yahooなどの有名サイトからリンクを張られていたとすれば、かなりの信用力のあるサイトであるという事ができませす。

 

ナチュラルリンク

リンクというのは一種のサイトの紹介のことです。従来のSEO対策ではリンク数をただ単純に増やすという目的で意図的にリンク数を増大させるという細工を繰り返して来ましたが、意図的であってはgoogleやyahooから容疑を掛けられてしまいます。

 

本当にそのサイトを紹介するに値するという理由で自然にリンクが張られるという状態をナチュラルリンクと言い、このリンクはサイトの評価の対象となります。

スポンサード リンク