サイト運営の方法のコツは検索エンジンから好かれるようにする事

サイト運営の方法のコツは検索エンジンから好かれるようにする事

ビジネスをする上で、自社サイトを保有するというのはもはや常識となりつつあります。自社サイトというのは経営者の経営理念、商品サービスの内容等、顧客に情報を開示して信頼性を構築するために必須のツールであることは言うまでもありません。

 

またyahooやgoogleなどの検索エンジンからの集客ツールとして大きな武器になるということも説明するまでも無いことです。しかしどうしてもサイト運営者が日々冷や冷やドキドキしていなければならないことがあります。それは検索エンジンの順位変動です。

 

SEOと呼ばれる、自社サイトをいかにして検索結果で上位表示させるかという検索エンジン最適化の手法がかつて話題になったことがありますが、リンクの数だけ増やせば上位に上がるという時代もありましたが、これはもう昔の話であり、現在は通用しないという重要な事実に気づいていないサイト運営者があまりにも多いのには寒気がします。

 

いまだにSEO対策をして、検索結果の順位をみては一喜一憂して、余計な労力と時間をドブに捨てて、やがてサイトは検索エンジンから抹消されて、売上がゼロになり、廃業に追い込まれるという企業が星の数ほどあります。サイト運営の方法のコツというのは、SEO対策ではなく、いかに顧客に有益な情報を発信するかという部分にあります。

 

すなわちSEO対策をして検索エンジンの順位を見て一喜一憂するというのはサイト運営者がすべき努力の方向性というのを明らかに間違えた結果なのです。長期的に検索エンジンから好かれるサイトというのは、実は成功する前からマインドセットに大きな違いがあるのです。

 

これから将来長期的にわたってサイト運営を成功させて集客とマーケティングで大きな実績をたたき出すには、まず検索エンジン対策のウソに踊らされないようにし、きちんと検索されているキーワードの意味を知り、売上に結びつくキーワードとは一体何かを考え、顧客が求めているものは何かを把握し、情報発信をしていくに尽きます。

 

これをしっかりマインドセットとして心に刻み込み、実践することができれば、連日売上速報のメールで受信ボックスが一杯になり検索エンジンで一人勝ちすることは決して不可能ではありません。是非とも、サイト運営にまつわるウソと真実を見抜く目を養って欲しいと思います。

 

 

 

スポンサード リンク