売れるサイトの作り方のコツはサイト構造を意識する事

売れるサイトの作り方のコツはサイト構造を意識する事

売れるサイトというのには、ある共通点があります。その共通点をきちんとサイト作成時に意識することによって売れるサイトすなわち検索エンジンに評価されるサイトが完成します。どのような構造が望ましいかについてサイト構造の鉄板について解説します。

 

共通メニューの作成

どのページからも事由にアクセスができるようにするために全ページに共通のメニューを設置することが大切です。検索エンジンにはクローラーという呼ばれるロボットが日々巡回していて、サイト内を巡回する場合も、リンクから別のリンクへと渡り歩くような仕組みになっています。

 

ですので全ページ共通のページを作成して、クローラーが
巡回しやすくする工夫が必要で、これが順位に影響します。

 

1ページ1コンテンツを徹底する

1ページに書く記事の内容は、必ず1テーマを設定し、それについての内容だけを記載するようにしましょう。そのテーマとは関係無い情報を盛り込むと、ユーザーも読みにくいですし、クローラーからも嫌われるサイトになってしまいます。

 

タイトルタグにキーワードを埋め込む

サイトを作成する場合、各ページごとにタイトルを記入する場所があるのですが、ここにそのページのテーマに関わるキーワードを入力するようにしましょう。この部分が実際に検索エンジンに引っかかって、検索される対象となる部分です。

 

タグ

 

顧客に商品に対する熱意を伝える

ある商品をサイトで売りたいのであれば、サイト運営者というのは必ず顧客に伝えなければならないことがあります。顧客は運営者の顔の見えないサイトより、運営者の顔の見えるサイトに親近感を湧くという傾向にあります。また顧客といつでもコミュニケーションが取れるようなサイト構造にする必要があります。必ずサイト内に掲載すべき事は以下の通りです。

 

・サイト管理者のプロフィール
・経営理念
・商品の開発秘話
・商品へのこだわり
・その業界の専門家であるからこそ話せるネタ
・なぜその商品を世に送り出したいのか
・従業員の紹介
・問い合わせフォーム

・連絡先
・地図
・サイトマップ
・お客の声
・専門用語集
・顧客とのメールのやり取り

 

この部分は、顧客から意外とよく見られる部分です。手を抜かずに丁寧に記載しましょう。

 

 

外部リンク対策をする

権威のあるサイトから自社サイトにリンクを張ってもらうために有料のサービスがあります。有名なのはyahooカテゴリー登録です。これは審査制になっていて、yahooカテゴリー登録するのにサイトの審査が実施され審査に通過しないと掲載できないようになっています。

 

裏を返せば審査に通過したということは一定の品質をクリアしたサイトであるとyahooからみとめられた証拠になります。また同じジャンルのサイトを見つけたら、相互リンク依頼を出すというのも有効です。これは無料でできますが、相手が相互リンクを受け入れてくれるという保障はないので、その点は注意が必要です。

スポンサード リンク