PPC広告のデメリットは審査の煩わしさと広告費の赤字です。

PPC広告のデメリットは審査の煩わしさと広告費の赤字です。

広告費が掛かる

ヤフーやグーグルで検索をかけると別枠で広告が掲載されていると思いますが、あれが集客方法のPPC広告と呼ばれるもので、多くの人が利用している検索窓ということもあって高い集客効果が見込めて、なおかつSEOの知識も不要となるためインターネットマーケティングに対する知識が少ない人にもおすすめです。

 

高い集客効果がある一方で集客方法のPPC広告のデメリットには広告費が掛かると言うデメリットもあり、宣伝にかけるコストがないと利用することは難しくなります。

 

広告費が発生する仕組みとしては、検索者があなたの広告をクリックした場合に費用が発生する課金制度になっていますが、売り上げの増加に伴って広告費用も高くなるので売り上げが上がったとしても広告にかかる費用が追い付かないようなことも想定されます。

 

また、広告費は前払いのシステムになり反対にアフィリエイトによる収入については成果が発生してから数カ月後になるのでその期間中は赤字が続くことになるということも知った上で利用する必要があります。広告費をかけるだけの集客効果が見込めるかというのもポイントになりますが、広告をクリックしたからといって必ずしも購入に繋がるというわけではありません。

 

広告費はたくさん発生するのに商品が全く売れないような状況になるケースもあるということを考えるとメリットばかりとは言えない部分もありますが、長期的な視点で見るとメリット要素はたくさんある魅力的なマーケティングの方法になります。

 

審査がある

集客方法の一つであるPPC広告は高い集客効果が期待できるインターネットマーケティングの一つですが、スマホが普及してからは昔に比べてさらにインターネットの利用人口が増えており、必要な情報の収入や物を購入することまですべてがネット上で行うことができるようになりました。

 

そうした背景もあってインターネットマーケティングが注目を浴びるようになったのですが、PPC広告であればSEOの知識が少なくてもグーグルやヤフーなど大手の検索エンジンサイトを利用する際に上位表示することができるので費用対効果も高くなります。

 

ただし、集客方法としてPPC広告を使用する場合はヤフーならヤフーの審査、グーグルならグーグルが決めている審査の基準をクリアしないことには利用することができず、大手の会社ということもあって審査基準は厳しめに設定されています。

 

情報商材を売却する会社や人が集客効果を高めるためにPPC広告の審査を受けるケースも多くありますが、情報商材の売却に関してはほとんどのケースで審査に通過しないので地道にSEO対策をして集客効果を高めていく方法になります。

 

基本的に形があるものが審査の通過対象になると言われていますが、デジタルコンテンツなどに関しては形あるものではないので審査に通過しない可能性があります。ただし、それぞれのサイトによって審査基準は異なっているのでヤフーではPPCの広告を出すことができなかったのにグーグルではPPCの広告を出すことができたというケースも実際にはあります。

スポンサード リンク