メルマガのデメリットはコスト面と到達率に左右される

メルマガのデメリットはコスト面と到達率に左右される事

費用がかかる

高いレバレッジ効果が期待できて、さらに動の攻めをすることができるメルマガは事業戦略として重要な位置づけであると言われていますが、自分で配信する時間や内容を決めることができるため、多くの読者がいればいるほど集客効果や収益アップに繋げることができます。

 

また、自動配信ツールを活用することによって自動的にメルマガを送ってもらうことができることや送った情報の中で興味を持った読者がいて反応があった場合にも自動的に答えてくれます。

 

メルマガの配信相手が多くなれば多くなるほど自動配信ツールの必要性は増すわけですが、高性能な自動配信ツールを利用する場合はコストがかかるため、費用対効果を十分に考えた上で運用するシステムを検討する必要があると考えるとメルマガのデメリットと言えます。

 

ただし、無料で利用することができるツールなどもあるので最初からいきなり有料のタイプを選んでしまうのではなく無料のタイプのツールを利用して読者の増減などから考えてシステムをグレードアップさせていく方法も有効です。

 

メルマガでもっとも大切なのはいかに興味を持ってメールを開いてもらうことができるかであり、高性能な自動配信ツールを利用しても送られる内容に興味を示さないとそのまま迷惑メールのリスト入りになる可能性があります。

 

最初から高性能なメルマガツールを利用したい場合はお試しプランなどが用意されているツールを利用してみて費用対効果がしっくりきた場合にそのまま継続して利用するという策もあります。

 

配信スタンドの選び方で到達率がバラつく

メルマガを使って集客効果を高めようとする場合に、メルマガは自分でコンテンツを作って自由な時間に配信することができるため、読者が増えれば増えるほど相乗効果によって高い効果が期待できます。

 

読者が少ない場合はメルマガを送るコストだけが無駄にかかってしまうので費用対効果は極端に悪くなってしまいますが、それ以外にもせっかく読者がいてもメルマガ配信スタンド選びを間違えることで読者の購読意欲を下げてしまう可能性もあります。

 

メルマガを配信する相手が少ないうちは配信スタンドによる到達率の差は大きくありませが、読者が増えてくると配信スタンドの性能によって到達率が著しく変わってしまう可能性があります。

 

メルマガの到達率のバラつきを少しでも減らすためには配信スタンド選びが要になりますが、性能が高くなると比例してコストがかかるように設定されているため、どれくらいの収入が期待できるか考えることも必要です。

 

メルマガの読者が増えてくると、それは読者が興味を持って読んでくれていることにもなりますが、毎日決まった時間に到達していたメルマガの到達時間が日によって変わってくると読む気が失せる読者は意外と少なくありません。

 

配信スタンド選びはインターネットの情報を元に利用者の数や費用などから選んでいくことをおすすめしますが、最初からいきなり高性能な配信スタンドにする必要は全くないのでメルマガの成長と共に柔軟な対応をすることもポイントになります。