インスタグラム集客方法のコツはお客が知りえない画像を拡散する事

インスタグラム集客方法のコツはお客が知りえない画像を拡散する事

普段お客が知りえない画像を投稿する

店舗集客を目的にインスタグラムを活用する場合、なかなか通常では見ることのできないような画像をアップすると非常に効果的です。インスタグラムを集客で活用する場合、飲食店や販売店の場合、提供するメニューや販売する商品をアップすることがほとんどかと思います。

 

お店やブランドをフォローしているユーザーは、もともとそのお店の商品やサービスの情報が欲しいが為に、フォローをしています。ですから、商品やサービスに関する写真をアップするのは、ダイレクトに効果があるでしょう。

 

ですが、あまりにも商品やサービスばかりアップしていると、見ているユーザーが疲れて来てしまうことがあります。あまりにも営業目的なのが分かってしまうアカウントは、毛嫌いされてしまう可能性もあるのです。

 

ですので、たまには商品やサービスとは少し離れた画像をアップするのも面白いでしょう。例えば、飲食の場合はスタッフのまかないを載せてみたり、販売店の場合は買い付けや仕入れの様子などのお店の裏側的な情報もよいでしょう。

 

このような、『ちょっとお店の裏事情』的な投稿は、普段お客さんからすると見ることの出来ない場面ですから、『そうなんだ!』と、おもしろがってくれることが多いです。

 

このような投稿は、少しお店の人と親近感が湧いたり、新しい情報をいち早く入手するきっかけになったりして、お客さんは食いついてくるため、これが最大のインスタグラム集客方法のコツと言えます。このように、お店の情報の中に、面白みのあるような投稿をちりばめて行くと、お客さんを引きつけるよいインスタグラムアカウントになるでしょう。

 

自社サイトやソーシャルメディアと連携をすべき

インスタグラムの集客のポイントとして、インスタグラムの画像や動画だけで終わらせるのではなく、そこからワードプレスで作成した自社サイトやソーシャルメディアにつなげると、更なる集客が見込めるでしょう。

 

インスタグラムのメリットとしては、静止画や動画において売りたい商品やサービスをPRすることができます。まずは、その商品やサービスに対しての興味や関心を引きつけるツールといったらよいでしょうか。

 

ですが、商品やサービスを知ってもらえただけでは、実際の集客や売上には繋がりません。ですので、そのインスタグラムから自社サイトやその他のソーシャルメディアに連携させることが重要です。例えば、インスタグラムのアカウントプロフィールなどに、自社サイトのHPアドレスを記載しておくこと、これは基本ですね。自社サイトの役割は、その会社やブランド、商品の自己紹介のような役割を果たします。

 

ですので、インスタグラムから興味を得た人が、実際に商品やサービスのコアを知ってもらうには、必ずリンクをしておくべきです。その他のソーシャルメディアにもリンクをしておくと便利です。いろいろなソーシャルメディアがありますが、それをまんべんなく全て見ている人は少ないでしょう。

 

誰もが、一番使い慣れているメディアがあるは
ずです。ですので、ひとつひとつは面倒な作業ではありますが、投稿などには相互にリンクできるようにしておきましょう。そうすれば、投稿をユーザーに漏れなくみてもらえる環境が整うはずです。

 

今本当にインスタグラムを活用している個人や企業が急増中で、このチャンスを逃すのは非常にもったいないことだと思います。集客とファン作りのために、毎日いいね、フォロー、コメント投稿などを繰り返しているかもしれませんが正直、時間と労力の浪費がすさまじく挫折してしまいそうになった経験はありませんか?

 

大半の方は挫折してしまうのです。しかしこのような作業を自動化できるとしたら本当にビジネスは劇的に加速するのは紛れも無い事実です。実は、ある優秀なプログラマが自動化をさせるためのシステムの構築に成功しました。まずはこちらをご確認下さい。

 

⇒インスタクエストの詳細
はこちら

 

 

すぐに実践でつかえるシンプルな機能が人気の秘訣です。

 

これを駆使してビジネスを加速させてください。