facebook集客方法のコツはファンを大切にするに尽きる!

facebook集客方法のコツはファンを大切にするに尽きる!

facebook集客とはfacebookを利用して、つながりを持っている人達をターゲットとして集客をする方法です。どのようなメリットがあるかについて説明します。

 

セールスの要素を控えめにする

facebookを利用している人は世界に何億人もいますが、すべての人がビジネスや消費者目線で利用しているわけではなく、大半の人は日々の出来事などを他の人と共有することを目的としており、ビジネスで利用している人からのアクションを極端に嫌う人もいます。

 

これまでfacebookを利用してきた人の中には独自に友人を作って、何百人から何千人という友達がいる人もいますが、ビジネスを始めるにあたって友人が多ければ多いほど拡散能力は高くなるのでビジネス利用のメリットが高くなるのは言うまでもありません。

 

しかし、あらかさまに事業目的として情報を発信するようになるとこれまでいいねやコメントを入れてくれた人が遠ざかるようになり、結果として友人をなくしてしまうことにつながることもあります。ビジネスに必死な気持ちになるのは分かりますが、そんな必死な姿さえも良く思わない人も少なくないので自分の感覚だけで考えないようにすることも大切です。

 

友人をなくさず、なおかつ事業に役立てたいのであればセールスの要素をできるだけ控えるようにすることがコツになりますが、そのためにもセールスとは異なる自分自身の日記などもマメに更新するようにしましょう。

 

また、自分自身のfacebookとは別に会社用のページを立ち上げることもおすすめで、プライベート用と分けることによって既存の友人に不快な思いをさせることもありません。ただし、新しくビジネス用のfacebookのページをチェックしてもらう人を増やすことがfacebook集客方法のコツになります。

 

自社サイトへの誘導を目的として活用する

facebookを使って集客効果を高めるために利用する場合の注意点としてセールスばかりの情報を発信しないようにすることがありますが、あえてfacebook上で派手な宣伝をしないでワードプレスで作成した自社のホームページへ誘導するための一つのツールとして利用する方法もあります。

 

facebook内部では一切セールスをせずに集客だけに専念し、自社のホームページにアクセスを流し込んできて誘導し、自社のホームページ内部でセールスに専念するという形をとる企業が多いようです。どうやってfacebookから自社のホームページに誘導するかというと、リンクを張って誘導するケースと画像投稿をするケースがありますが、画像投稿の方がサムネイルによる高い集客効果が期待できそうな気がします。

 

しかし、消費者側は画像による投稿ではなくリンクを張っている宣伝の方がサイトに導かれやすいといわれていて、これはURLがしっかり表示されているので反射的にクリックする人が多いことなどが理由として考えられます。

 

誘導するためのコツとしては投稿を見ている人の興味がもっとも高くなったところで続きはリンク先で見てくださいといった方法で誘導する方法がおすすめですが、その答えを誘導先で知るという流れを作ることがコツです。また、誘導先となる自社サイトのコンテンツを一部facebookのページで紹介するのも方法としてあります。

 

もし表示している一部のコンテンツに興味をもたせることができた場合はそのままリンク先となる自社際とのページにアクセスしてもらうことも期待できますが、興味がないとリンク先には行かないので魅せる能力というのも必要です。

 

クイズを出すなどファンを楽しませる要素を盛り込む

一般利用しているfacebookのユーザーのタイムラインには友人などがいいねした投稿などが流れる仕組みになっているため、これを上手に活用することによって自社の集客効果を高めることができます。しかし、消費者の心をつかむのはプロのコンサルタントでも難しく、日々さまざまな取り組みを考えて実践している人でも思うように人が集まらないというのが現状でもあります。

 

その一方で意外な取り組みが功を奏して多くの消費者の心をつかむようなこともあるので分からないものですが、以前にある会社がクイズを出したところ多くのいいねを集めたところからビジネス戦略の一つとしてfacebookでアプリを作成してクイズを出す会社が増えました。

 

Facebookは直接的にものやサービスの売買をするところではなく、ビジネスでの利用の場合は基本的に集客効果を高めることが軸になるので、いかに多くの人に注目してもらうかがポイントで発信する情報についても同様のことが言えます。クイズを出す場合でも捻りがまったくないクイズを出したところで人の心には残りません。

 

宣伝を前面に出したクイズの出し方にするのではなくファンが夢中になって楽しむことができるようなコンテンツを前提にして集客効果を考えるのは後からの方が意外と高い集客効果を出したりするものです。

 

クイズについては唐突ないものではなく、日々のニュースや季節にマッチしたクイズを出す方が消費者の目に留まりやすいといわれているので参考にしてクイズの作成をしてみるとよいでしょう。

 

季節に合わせたネタを投稿する

facebookはローコストで高い集客効果を望むことができるため、大手の会社や企業だけでなく自営業や規模の小さな会社まで幅広くビジネスのために利用しています。

 

利用するのも投稿するのも無料で利用することができますが、多くの人に見てもらうためには興味を惹くようなコンテンツを作って情報として発信しないと多くの投稿で埋もれてしまうことになります。利用におけるコストがかからなくても情報を作るコストというのはかかっていることを考えると、せっかく作成するコンテンツをできるだけ集客効果に生きるようにしたいものです。

 

facebookで情報を発信する場合のおすすめとしては季節に合わせたネタを投稿するというのがコツになりますが、どれだけいいことを書いていても消費者側が興味を持たないと拡散という形につながることはありません。

 

季節にあわせたネタがそのまま自社の宣伝につながれば、それ以上のことはありませんが、自社がアピールしたいものと季節との関係性がない場合でも言葉の頭には季節と関係した文章を入れることで見る人の心をつかむきっかけになる可能性は十分にあります。

 

facebookをビジネスで活用するためには投稿をどんどんして消費者の反応をじかに感じることも大切なことで、これを繰り返すことによって自ずと消費者が求めているものが見えてくるものです。また、投稿をする場合は否定てきな文言をなるべく入れないことも大事でましてや見る側を不快にさせてしまうようなことは避けるべきです。

 

自社商品利用者の声を投稿する

facebookはローコストで高い集客効果を望むことができるため、大手の会社や企業だけでなく自営業や規模の小さな会社まで幅広くビジネスのために利用しています。利用するのも投稿するのも無料で利用することができますが、多くの人に見てもらうためには興味を惹くようなコンテンツを作って情報として発信しないと多くの投稿で埋もれてしまうことになります。

 

利用におけるコストがかからなくても情報を作るコストというのはかかっていることを考えると、せっかく作成するコンテンツをできるだけ集客効果に生きるようにしたいものです。facebookで情報を発信する場合のおすすめとしては季節に合わせたネタを投稿するというのがコツになりますが、どれだけいいことを書いていても消費者側が興味を持たないと拡散という形につながることはありません。

 

季節にあわせたネタがそのまま自社の宣伝につながれば、それ以上のことはありませんが、自社がアピールしたいものと季節との関係性がない場合でも言葉の頭には季節と関係した文章を入れることで見る人の心をつかむきっかけになる可能性は十分にあります。

 

facebookをビジネスで活用するためには投稿をどんどんして消費者の反応をじかに感じることも大切なことで、これを繰り返すことによって自ずと消費者が求めているものが見えてくるものです。また、投稿をする場合は否定てきな文言をなるべく入れないことも大事でましてや見る側を不快にさせてしまうようなことは避けるべきです。

 

自社サイトやブログのURLをつぶやいて誘導する

facebookが数あるSNSの中でも特にビジネス利用で重宝されているのは高い集客効果が理由となっていますが、自分で広告を出して宣伝する場合に比べるとローコストで利用することができるのも魅力です。

 

上手に軌道に乗せることができれば瞬く間に多くの人に情報を発信して集客効果を得ることができるものの、誰でもすぐに上手くいくとは限らず成功や失敗を繰り返しながら少しずつ集客を促す形が一般的です。

 

どちらにしてもfacebookを利用して情報を発信する場合は投稿をどんどん行う必要がありますが、長い文章を書いて投稿しても他の人の投稿によってすぐに埋もれてしまうので伝えたい情報がたくさんある場合はワードプレスで作った自社サイトにコンテンツを作成してfacebookを通じてそのサイトのコンテンツに誘導する方法をおすすめします。

 

その際に自社サイトやブログのURL情報を掲載するという方法がありますが、できるだけ読者が興味を惹くような記事を書くということが必要になります。

 

また、facebookには会社専用のページを使って投稿する手段と自分の個人アカウントを使う方法がありますが、個人アカウントを利用する場合はあまりビジネスに関する情報を投稿し過ぎないようにすることも友人への配慮として必要です。

 

会社のページからであればビジネス利用が前提となっているのでいくら投稿しても構いませんが、投稿数が多くなってくると見る人が少なくなる点にも注意が必要です。

 

F属性に合ったフォロワーを増やす

facebookを集客効果のツールとして活用する場合に注意する点としてホームページやブログと違って最初に情報を提供する人が限定されているという点ですが、個人アカウントを利用している場合は友人になっている人が情報発信の対象となります。

 

一方で会社のページとして作っている場合はフォローしてくれている人に対しての情報発信になるため、どれだけいいねされているかということが情報発信をする上でのポイントになります。いいねしている人のタイムライン上に情報が掲載されることになるため、いいねの数が多ければそれだけ相乗効果によって高い集客効果を高めることができます。

 

ただし、ファンになってくれる人が多くても発信する情報に対しての食いつきが弱い場合はかえってファンが多いのに事業がにぎわってないと周囲の人にマイナスのイメージを与えてしまうことがあるのも怖いところです。ファンを増やす場合は闇雲に増やすのではなく属性にあっているファンを増やすことを軸にすることをおすすめします。

 

例えばダイエット商品を売りたいのであれば、ダイエット情報を提供する専門のfacebookアカウントを作って、ダイエットの情報を継続的に提供する事によって、ダイエットに興味を持つ顧客が集まってきます。また、お店のページであればインターネット上にも公開されるのでお店の説明文を充実させることで顧客の属性性を統一的にする期待があります。

 

facebookは情報発信ツールとしてだけでなく上手に利用すれば自分の会社のファンを増やすことにもつなげることができますが、その高い情報拡散能力によって負の情報が流れてファンを減らしてしまうリスクがあることも覚えておきましょう。

スポンサード リンク